保育士受験対策の総合教材をお探しの方へ

10年以上の受験指導から得られた合格の秘訣 それは、「いかに絞って、濃く学ぶか:捨てるべきところの選択」ということでした。

 

 多くの受験対策テキスト、受験対策講座の内容は、穴の無いように、広く浅く「多くの知識」を持つことで、合格を目指しているようです。知識を多く持てば、得点力は上がる(=満点100%に近づく)・・確かに正しい事実です。過去問を研究し、いろいろな文献に目を通し、自分用のまとめノートを作り・・・。しかしそれでは、膨大な労力、時間がかかりますから短期間(2回受験=1年)での合格はますます遠のいていきます。

 

 これらは、我々のような指導する講師が、『指導の前提として』行うべきことで、合格をゴールとする受験生が行うことではありませんし、見習うことではありません。

 

 困ったことに、多くの指導者(特にその分野の専門家)は、その持っている多くの知識で、受験者により満点に近い得点を取らせようと「その分野では大事だと思われる内容」(定義や単語の理解)だけれども『出題傾向は低い内容』まで、誇らしげに教え込んでしまう傾向があるようです・・。

  • 「学ぶ」こと が目的となっていませんか?
  • 「合格:5択で12問とる」というゴール を忘れてしまっていませんか?
  • 年2回となった保育士試験で、1年(2回)の受験での合格を本気でめざしていますか?!

これらの思いに応えるために、少しづつテキスト、ビデオを作成してきました。現在、通学講座でもインプットと、繰り返しのアウトプットは、本教材で行っています。

 

合格まで、最短距離で突き進むために、本教材を使い倒していただければ幸いです。

監修者のご紹介

平成17年/保育士試験合格
 本来は、理系:情報工学の専攻・・
長年にわたり、保育士試験の分析、対策問題作成、解説に携わる
(分析と解説のエキスパート。本来のIT系の実習指導、特にPC資格取得指導では、MOS全日本第1位を輩出するなど実績多数)

 

福祉系、衛生系の一部を担当

 

札幌センター主任講師

項目名

平成16年/保育士試験合格

実習系と衛生系を担当

札幌センターでは、保育実習理論と、受講生サポートを担当

担当者たちのブログ。ときどき、つぶやいてます。こちらをクリック


 
全科目対策 科目別対策 受講料/お申込み