保育士受験についての本音 by 対策講座講師

大きくとらえて、3分野として学ぶ って聞いたことある?

いままで、指導していて、「これは、〜の科目で触れますので」とか、「〜でも触れましたが、再度ここで・・」ということが、非常に多いのが、保育士試験の特徴でした・・。科目別対策では、他の科目でまとめたものが、抜けていたり重複したり・・
『保育士受験対策』の科目別講座が少ないのは、それが大きな原因だったのです!

そこで、当社のカリキュラムでは科目を3分野としてまとめて学習します

衛生系科目(子どもの保健、子どもの食と栄養、保育の心理学)
実習系科目(保育原理、保育実習、教育原理)
福祉系科目(社会福祉、児童家庭福祉、社会的養護)

3つのレベルで確実に70%を目指します

Base:基礎、Step:科目別頻出、Advance:新旧傾向内容 としてまとめます

「ここは、頻出で、しっかり押さえておきましょう」

この部分を、Step:科目別対策 ビデオ講座&レジュメ でしっかり学びます 

「ここが出たら、超ラッキーの基礎中の基礎です」

ここは、横断的な内容として、Base:〜系基礎 レジュメ(+必要な方はビデオ講座)で押さえます。

「(過去)出題がありましたが、深追い無用・参考で」

ここに時間を使うのは、無駄です!(実際にはベテランさんは、ここ、ものすごく詳しかったりします)
科目別レジュメの最後に、Advance:新旧傾向対策レジュメ として添付します。

 

3つの学習レベルを意識して、すべての科目指導内容を見直しました。

  • BaseとStepレベルで75%(4問中3問)までのカバーを目指し
  • 直前問題演習&Advance:新旧傾向問題に触れることで +15%
  • 【結果として目指すのは100%ではなく、全科目90%の得点力】

学習範囲を狭めることによって短期でより高い合格率を目指します

教材サンプル

ご購入はこちら

高得点力の秘密記事一覧

これがオリジナル教材だ

@基礎:最初に固める概念 A科目別論点:最も出題が多いところ B新旧傾向:出題の事実は押さえておいた方がよいところ  に分類してレジュメ形式でまとめています。新旧傾向は、追加的情報として割り切り、@基礎 とA科目別論点 をしっかりと目と耳=映像 を使って『一度通して流してみる』事から、始めます。ただ...

≫続きを読む

 

インプット映像教材

比較してみてください・・どれが、最も確かなインプットができそうでしょうか・・・。 文字を読む(通信教材など、テキストを読む) 耳から聞く(講座の録音、あるいは、講師が淡々と説明するビデオ) 目で先読みしつつ、耳から聞き追記しながらすすめる ビデオ講座(DVD受講、Web講座など)のほとんどが、『講師...

≫続きを読む

 

繰り返し演習 受験道場

アウトプットのための必殺ツール、『受験道場』Webサイト以下の3つのツールです。基礎、科目別レジュメの解説ビデオ演習問題集と全く同じ順番で繰り返し演習ランダムに10問出題し、合格点を目指す演習 このサイトの3. ランダム10問で常に合格点(60%)を取っていれば、間違いなく合格レベルのスキルにありま...

≫続きを読む

 

 
全科目対策 科目別対策 受講料/お申込み